クルミの収穫と保存方法|クルミの育て方

クルミの収穫と保存方法|クルミの育て方
このエントリーをはてなブックマークに追加 

クルミの収穫と保存方法|クルミの育て方

クルミを、実が収穫できるまで育てるには、それなりに長い年月が必要となります。
だいたい6年目以降から結実が見られるようになると言われていますので、それまで根気よく育てていかなければなりません。

 

そうして6年目になり、ようやく結実するわけですが、この収穫時期はだいたい、9月〜10月の始め頃になります。
この時期になると、実が熟し、青い外側の皮が割れてきます。
こうなると、見覚えのある殻付きのクルミになってくるのです。

スポンサードリンク

クルミを美味しく食べるための収穫方法

収穫方法ですが、棒を使って叩き落す、木全体を揺する、自然に落ちてくるのを収穫する、といった方法があります。
大木になってしまうので、どうしても高いところに付いている実を収穫するのは難しくなります。
無理をせず、落下を待つのが簡単な収穫方法でしょう。
自然に落下したクルミはよく熟したものであると言われていますので、これが美味しいクルミをいただくための理想的な収穫方法であるとも言えます。

 

収穫した後の実は、強く押して種を取り出していきます。
この時、手が汚れるので、手袋を忘れないようにしてください。
日光に当ててよく乾燥させると、外皮が取りやすくなります。

 

この取り出した殻に包まれたクルミを日光に当ててよく乾燥させます。
しっかり乾燥させることで、日持ちも良くなります。
あとは殻を割って、中にある核の部分を食べることができます。

 

長期間保存したいという場合の保存方法は、殻に包まれた状態でカラカラに乾燥させたものを、冷暗所に置いておくと、数カ月は美味しくいただくことができます。

 

それほど長い期間保存しないのであれば、中身を取り出し、冷凍保存用の袋に入れて空気を抜いてチャックし、これを冷凍庫に入れておくと長く品質を維持できます。
剥いたものをそのまま置いておくと、酸化してしまいますので、保存方法には十分に注意しましょう。

 

生のままでも食べやすいクルミですが、お料理やお菓子作りに使用したり、少しローストしたりすると、より美味しくいただくことができますね。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

クルミの育て方

クルミというと外国から輸入しているナッツ、という印象が強いですが、実は日本でも栽培することができます。家庭菜園として育てることもできるので、試してみると良いでしょう。そんなクルミの育て方ですが、かなりの大木になる可能性が高いので、一般家庭の庭に植えるのは不向きです。鉢植えで育てた場合は果樹として収穫...

≫続きを読む

 

クルミの土作り|クルミの育て方

クルミの育て方では、土作りが大切なポイントとなります。まず植える時期ですが、これは落葉期が適していると言われています。12月〜2月の間に行いましょう。また、接ぎ木で増やすことも可能です。苗に関しては、実付きを良くするために2種類以上の品種を用意すると安心です。雄花と雌花の咲くタイミングが異なる種類の...

≫続きを読む

 

クルミ植え付け時期と苗木の仕立て|クルミの育て方

クルミの育て方で、まず基本となるのは植え付けですが、この苗木の植える時期に関しては、落葉期が適していると言われています。落葉期というのは葉が落ちる季節、クルミの場合で言うと、12月〜2月頃を指します。この時期を狙って、苗木を植え付けしていきましょう。

≫続きを読む

 

クルミの病気や害虫|クルミの育て方

クルミは比較的、育てやすい果樹ではありますが、もちろん注意すべき点はあります。まず、クルミの育て方では、日当たりに関して配慮が必要です。この果樹は日当たりの良い場所を好むものの、冷涼で雨が少ない気候が向いています。そのため、高温多湿が苦手なのです。

≫続きを読む

 

クルミの収穫と保存方法|クルミの育て方

クルミを、実が収穫できるまで育てるには、それなりに長い年月が必要となります。だいたい6年目以降から結実が見られるようになると言われていますので、それまで根気よく育てていかなければなりません。そうして6年目になり、ようやく結実するわけですが、この収穫時期はだいたい、9月〜10月の始め頃になります。この...

≫続きを読む