クルミの育て方

クルミの育て方
このエントリーをはてなブックマークに追加 

クルミの育て方

クルミというと外国から輸入しているナッツ、という印象が強いですが、実は日本でも栽培することができます。
家庭菜園として育てることもできるので、試してみると良いでしょう。

 

そんなクルミの育て方ですが、かなりの大木になる可能性が高いので、一般家庭の庭に植えるのは不向きです。
鉢植えで育てた場合は果樹として収穫するのは難しく、観賞用観葉植物になります。

スポンサードリンク

出来るだけ広い場所で育てましょう

果樹として育てたいのであれば、広い畑などの地面に植え付けるようにしましょう。
適しているのは涼しい地域ですが、温かいところでも結実する可能性はあります。
植え付けや植え替えは12月〜2月の間に行い、10月頃に1度肥料を与えます。

 

そうして開花するのは5月頃で、9月の終わりから10月頃になると、実が付き、熟してきます。

 

育て方のコツとしては、枝を剪定しいていくことです。
苗木の時に、中心の幹の部分と幹から出てくる枝2本を骨組みに仕立てます。
これを行うのは、葉が落ちる1〜2月頃です。

 

こうしてメインとなる枝を毎年、半分くらいに切り詰めながら育てていきます。
これを5年ほど繰り返すと、木の形が整います。
メインの枝以外は付け根から切り落としていきましょう。

 

このようにして期の形が整えば、その後の選定は枝を間引いて樹の内側に日光が差し込むようにする程度で十分です。

 

さらに実付きを良くするためのコツですが、こちらは2種類以上の品種を植えた方が結実しやすいと言われています。
これは雄花と雌花の咲く時期に微妙に違いがあるからです。

 

確実な結実を目指すのであれば、いくつかの品種を植えて育ててみましょう。

 

日当たりが良く、冷涼な気候の場所に植え、夏は暑くなり過ぎないように風通しを良くします。
水やりは、鉢植えの場合は乾いたらたっぷり与えますが、地植えなら1度植えつければ、よほど雨が降らない日が続かない限り、特に水やりの必要もありません。

 

クルミの育て方は、ある程度のコツさえ覚えれば、比較的簡単です。
ただし、収穫量には毎年大きな差があるのが困った点ですね。
その点を除けば、初心者でも育てやすい果実であると言えるでしょう。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

クルミの育て方

クルミというと外国から輸入しているナッツ、という印象が強いですが、実は日本でも栽培することができます。家庭菜園として育てることもできるので、試してみると良いでしょう。そんなクルミの育て方ですが、かなりの大木になる可能性が高いので、一般家庭の庭に植えるのは不向きです。鉢植えで育てた場合は果樹として収穫...

≫続きを読む

 

クルミの土作り|クルミの育て方

クルミの育て方では、土作りが大切なポイントとなります。まず植える時期ですが、これは落葉期が適していると言われています。12月〜2月の間に行いましょう。また、接ぎ木で増やすことも可能です。苗に関しては、実付きを良くするために2種類以上の品種を用意すると安心です。雄花と雌花の咲くタイミングが異なる種類の...

≫続きを読む

 

クルミ植え付け時期と苗木の仕立て|クルミの育て方

クルミの育て方で、まず基本となるのは植え付けですが、この苗木の植える時期に関しては、落葉期が適していると言われています。落葉期というのは葉が落ちる季節、クルミの場合で言うと、12月〜2月頃を指します。この時期を狙って、苗木を植え付けしていきましょう。

≫続きを読む

 

クルミの病気や害虫|クルミの育て方

クルミは比較的、育てやすい果樹ではありますが、もちろん注意すべき点はあります。まず、クルミの育て方では、日当たりに関して配慮が必要です。この果樹は日当たりの良い場所を好むものの、冷涼で雨が少ない気候が向いています。そのため、高温多湿が苦手なのです。

≫続きを読む

 

クルミの収穫と保存方法|クルミの育て方

クルミを、実が収穫できるまで育てるには、それなりに長い年月が必要となります。だいたい6年目以降から結実が見られるようになると言われていますので、それまで根気よく育てていかなければなりません。そうして6年目になり、ようやく結実するわけですが、この収穫時期はだいたい、9月〜10月の始め頃になります。この...

≫続きを読む